泌尿器科医 バナナ先生のハッピーブログ!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

過活動膀胱の原因は?神経因性と非神経因性について

それでは今日は本題

過活動膀胱の原因についてです。

過活動膀胱には、

脳と膀胱(尿道)を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のもの

と、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。

(1)神経因性過活動膀胱(神経のトラブルが原因)


脳卒中脳梗塞などの脳血管障害

パーキンソン病などの脳の障害

脊髄損傷や多発性硬化症など

の脊髄の障害の後遺症により、

脳と膀胱(尿道)の筋肉を結ぶ神経の回路に障害が起きると、

「膀胱に尿がたまったよ」

「まだ出してはいけないよ」

「もう出していいよ」

「膀胱を緩めるよ(締めるよ)」

尿道を締めるよ(緩めるよ)」

といった信号のやりとりが正常にはたらかなくなります。

その結果、膀胱に尿が少ししかたまっていなくても

尿を出そうとしたり、

「締める」「緩める」の連携が

うまくはたらかなかったりして、

過活動膀胱の症状が出ます。

先日の尿意との関係が非常にあります。

 

しかしほとんどの方は下の(2)が原因となります。

 

(2)非神経因性過活動膀胱(特発性ともいいます)

(神経トラブルとは関係ない原因)


 1)骨盤底筋のトラブル(女性の場合)
 加齢や出産によって、

膀 胱・子宮・尿道などを支えている

骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることがあります。

そのために排尿のメカニズムがうまくはたらかなくなり、

過活動膀胱が起こります。 

これには以前お話した骨盤底筋体操が効果的です

2)それ以外の原因


上記以外の何らかの原因で膀胱の神経が

過敏にはたらいてしまう場合や、

原因が特定できない場合もあります。

いくつかの原因が複雑にからみあっていると考えられています。

この原因の特定できないものや加齢によるものが

実際には最も多く存在しています。

男性の過活動膀胱の1番の原因は

前立腺肥大症

です。

またそれについては後日詳しくお話します。

 

なのでほとんどの方は

加齢や産後の骨盤底筋のトラブルや前立腺肥大

原因になることが多いです。

 

次回は男性の1番の原因である

前立腺肥大症のお話をしていきたいと思います。

 

いつもクリック有難うございます!!

下記ブログランキング参加しています。

応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック有難うございます  感謝!!!
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック有難うございます  感謝!!! 

ã«ã»ããã­ã°æ å¥åº·ãã­ã° çæ°äºé²ã¸←クリック有難うございます  感謝!!!

 にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ←クリック有難うございます  感謝!!! 

 

f:id:happy-kubota:20190310060300p:plain

過活動膀胱の原因についてです。