筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

私がブログを書いている理由。医学部と医師国家試験予備校の関係。

私は医師国家試験が終わり

国試浪人となりました。

いわゆる浪人生ですね。

医師国家試験専門の予備校があり

そこに入って勉強しました。

TECOMという予備校です。

 

このような予備校は今たくさんあり

医師国家試験が難易度が上がるにつれ

現役の受験生が予備校のカリキュラムを

学んだり、医学部が予備校の授業を購入や

先生を呼んで授業をするのが当たり前になりました。

 

医師国家試験の合格率は

直接医学部の偏差値に関わってきます。

今の所 医学部=医者になるための道

であることは皆さんのご存知だと思いますが

やはり医師国家試験の合格率が悪い=医者になる確率が低い

ということになりますから

医学部はできる限り合格率を上げたいという

お気持ちはわかります。

なので合格率が低い学校は卒業試験は極端に難しくして

卒業させないようにして、その中で医師国家試験を受ける

ことで合格率をあげるような操作をしています。

 

例えば優秀なA大学はほとんどの人が合格するので

卒業試験を通常行い、

100人の学生の98人が卒業試験に受かったとすれば

その98人が全員医師国家試験に合格すれば

A大学 医師国家試験 合格率100% 

となるわけですが

B大学は医師国家試験の合格率が昨年

80%で、医学部の受験数低下、偏差値が低下してしまったら

100人の学生さんのうち25人を卒業試験で落とし

75人に医師国家試験を受けてもらい

その75人が全員医師国家試験に合格すれば

B大学 医師国家試験 合格率100%

となるわけです。

 

新聞には合格率しか発表されないので

ますます偏差値の低い学校は卒業試験の

難易度も上がるというわけです。

 

このように今は

医学部と医師国家試験対策予備校は

医学部の偏差値の問題にとって

切っても切り離せないことになっています。

 

大学の予備校生と違うところは

大学の浪人生であれば

1浪や2浪しても

大学を変えたり、学部を変えたりとかも

可能ですが

医学部6年経過して

その後の浪人となると

 

医師国家試験合格=医師 ですが

医師国家試験不合格=医師国試浪人(皆さん国浪といいます)

24歳にして無職となり、

非常にプレッシャーになりました。

 

本当にこのまま大丈夫なのか。

医者になれなかったら、、とか

高い医学部の授業費を払ってもらい

親に申し訳ない、、とか色々思うわけです。

でもだからこそ

絶対受かる!!

受かってみせる!!

という気持ちが強くなり

医学予備校での勉強仲間たちの

結束力はハンパありません

 

それは今でも

年に1回はあって

その時の話をしますが

私の人生にとってかけがいのない

人生でした。

 

続きはまた明日!!

 

下記ブログランキング参加しています。

応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝
 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック感謝 

 にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ ←クリック感謝 

にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝 

 

www2.tecomgroup.jp

医師国家試験予備校TECOMに通ってしました。