筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

超超!大好評!宮本亜門さんが告白した前立腺がんを専門医が解説!前立腺がんの生存率について

皆さん

たくさんの

反響ありがとうございます。

前立腺針生検について

前回はお話させていただきました。

その後前立腺がんと診断されたとすれば

今後はどうなるのか?

というお話です。

がんか、、

大変だ、、、

余命は、、、

ここに全国がんセンター協議会に生存率共同調査の値

を示します。

 前立腺がんの病期別5年相対生存率(対象:2006~2008年に診断を受けた患者さん)
病期 症例数(件) 5年相対生存率(%)
I 203 100
II 5,439 100
III 1,052 100
IV 1,047 64.1
全症例 7,806 100

これは7806例の大規模な試験で

治療については、手術(外科治療)だけではなく、

放射線治療

薬物療法

その他の何らかの治療を受けた患者さんが対象となっています。

病期(Stage)Ⅳは遠隔転移があるような場合です。

つまりStageIII以下の患者さんは

前立腺がんで5年以内に

なくなる可能性は

0%ということです!!

なので安心してください。

さらにこのDATAは2006年〜2008年の

診断を受けた患者さんのもので

現在はStageⅣの方も抗がん剤や新規の化学療法などを使用し

生存期間の延長も少しずつのぞめるようになってきました。

ですので前立腺がんは

病気になってからも

治療方法により

根治術が期待できるがんです!!

ですので治療方法を選択するのが

非常に重要になってきます。

そしてその後の人生を

どう生きていくかも非常に

重要です。

次回は前立腺がんと診断されたら

その後先ほどお話した

Stageの検査になっていきますが

それについて

詳しく解説していきます。

乞うご期待!!

 

下記ブログランキング参加しています。

 応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝
 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック感謝 

 にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ ←クリック感謝 

にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝