筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

超大好評!宮本亜門さんが告白した前立腺がんを筋トレドクターくぼたが解説!前立腺がんの治療 Stageの検査

皆さん

いつも

このブログを読んでいただき

誠にありがとうございます!!

今日は話を戻しまして

前立腺がんのStageの検査について

です。

前立腺がんのStageを確定するためにする検査は

3つです。

CT、骨シンチ、MRIです。

事前にMRIをしている場合は

CTと骨シンチとなります。

まず CTとMRIです。

CT(コンピューター断層撮影法:computed(computerized) tomography)

MRI(磁気共鳴画像:magnetic resonance imaging)

で、

前立腺の周囲のリンパ節や臓器への転移、また、

肺や肝臓などの遠隔臓器への転移を調べるために行います。

前立腺

その周囲のリンパ節や臓器、

遠隔臓器をCT、MRIの画像に映し出すこと

によって、がんが前立腺内にとどまっているのか、

周囲の臓器に浸潤しているのか、

または遠隔臓器やリンパ節に転移しているのか、

などを確認することができます。

そして骨シンチです

骨シンチはあまり耳慣れない言葉だと思いますが

進行した前立腺がんは、全身の骨にも転移します。

骨への転移の有無を調べるためには骨シンチを行います。

骨シンチは、

放射性物質ががんの転移のある骨に集まる性質を利用した検査です。

放射性物質を静脈注射したあと、

シンチグラフィーで全身の骨を撮影すると、

がんの転移のある骨の部分が黒く映ります。

 骨シンチは下記のような写真をとり前立腺がんの

骨転移の有無を判定します。

これでStageを評価したら

いよいよ治療となるわけです。

また次回お会いしましょう!!

 

下記ブログランキング参加しています。

 応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝
 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック感謝 

 にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ ←クリック感謝 

にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝

 

f:id:happy-kubota:20190419050359p:plain

出典 Wikipedia