筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

宮本亜門さんが告白した前立腺がんを泌尿器科専門医の筋トレドクターくぼたが解説!前立腺がんの治療 放射線治療編3

今日は

放射線治療の最後

組織内照射療法(密封小線源療法)

についてです。

前立腺がんについて認可された小線源療法とは、

放射線を放出する密封小線源と呼ばれるもの

(約1mm×5mmの小さなチタン製カプセルに密封された放射性同位元素ヨウ素125)

前立腺の中に60-80個留置し、

内側から放射線をがん組織に照射する治療です。

がん組織には高い放射線量が当たるので、

強い治療効果が得られます。

一方、仮に線源から1cm離れるだけでも

放射線量が極端に低くなるため、

周囲の組織には極めて低い線量しか当たりません。

つまり、前立腺以外の周囲正常組織の被爆量は低くてすむことになります。

 

f:id:happy-kubota:20190503050714p:plain

小線源療法の方法です

この療法は

単独で施行するには

前立腺がんが限局している場合に限られます。

f:id:happy-kubota:20190503051321p:plain

単独療法の治療対象です

また前立腺肥大が著明な方にもオススメできません。

ハイリスクな方は外照射療法やホルモン療法との併用となります。

単独の場合は

外照射療法は2ヶ月の治療期間がかかりますが

小線源は3泊4日の入院期間なので短期間となるので

それは魅力的です。

いずれにせよ

たくさんの治療法があって

迷われることも多い思いますが

たくさんの情報を知って

よく考えて治療法を

患者さん自ら選択することが大事です。

「決して先生のお任せで、、」

ではなくちゃんと情報収拾して

治療法を決めましょう!!

もしどれがいいのかわからないなど

ありましたら

お気軽に私の外来に

ご相談していただければと思います。

https://www.kubota-clinic.info/

 

くぼたクリニック松戸五香HPです!

では次回は

ホルモン療法についてです!!

乞うご期待!!

 

下記ブログランキング参加しています。

 応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝
 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック感謝 

 にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ ←クリック感謝 

にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝