筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

ぼくらはみんな漏れている!尿もれはいろんな種類があります。

大好評

みんな漏れているシリーズ

第2弾!!

さてさて

みなさーーん

周りのお友達も

みんな尿もれで

悩んでいるんです!!

だから

安心してください!!

みんなで治しましょう!!

尿もれが

当たり前と思って

体操や生活習慣で

治せる場合があります

尿もれには

4つの種類があります

まず、

「腹圧性尿失禁」は、女性の4人に1人が経験。

膀胱の位置を支えている骨盤底筋の筋力低下により膀胱が下がり、

尿道を締める力が働きにくくなります。

そのため、お腹に力が入ると膀胱にも力が加わり、尿が出てしまいます。

対策として以前お話しした骨盤底筋体操があります。

「切迫性尿失禁」は、男女ともに高齢者に多い現象です。

前触れなく急に尿意を感じ、トイレまで間に合わず失禁してしまいます。

脳や神経に問題があり、膀胱が脳の指示どおりに動かない場合に起こります。

または加齢により、尿意と無関係に膀胱が縮んでしまう不安定膀胱が原因になります。

溢流性尿失禁は、男性に多く起こります。

糖尿病による膀胱の収縮不全、

前立腺肥大や

前立腺がんなどで尿が出にくいことが前提です。

排尿障害があり、膀胱が過剰にふくらみ、

尿が溢れて漏れてしまいます。

これはまず、排尿障害の治療を行う必要があります。

 最後に

「機能性尿失禁」について。

排尿機能は正常でも身体運動低下でトイレが間に合わない、

認知症でトイレの場所がわからないなどが

原因となって起こります。

トイレに行きやすい生活環境を見直し、

定期的にトイレに連れて行くなどの生活の工夫も大切です。

尿もれにはこの

4つの種類がありますが。

特に多いの尿もれは

腹圧性尿失禁 と

切迫性尿失禁

 

の2つです。

この2つが合併した

混合性尿失禁もあります。

対処法もそれぞれ違ってきますので

またお話していきますね

 

下記ブログランキング参加しています。

 応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝
 にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ ←クリック感謝 

 にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ ←クリック感謝 

にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝

 

f:id:happy-kubota:20190521053008p:plain

これは腹圧性尿失禁です!!

そんな尿もれの

体操や解説は

5月29日に

講演もしますので

お楽しみに!!!

してください!!

f:id:happy-kubota:20190517053301j:plain