筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

ホリエモンも手術で経験した!!泌尿器科専門医が解説!!おしっこのくだはいたいの??

ホリエモンさんが先日臍ヘルニアの手術をされて

その後術後に視聴者の皆様の質問に答える動画!

みなさんご覧になりましたか?

私はホリエモンさんの大ファンで とても興味深く拝見させていただきました!!

その質問のなかで 尿カテについてということで ホリエモンさんが解説していた

ので それについて 泌尿器科専門医としてさらに解説させていただきます。

私は今でもクリニックで尿道バルーン(おしっこのくだのことです)

を年間300回くらいしています。

その経験もふまえて説明しますね

手術や尿が出なくなった状態などで いれるおしっこのくだを 私たちは 尿道カテーテルもしくは尿道バルーンとか バルーンとかいいます。

なぜかというと 尿道からくだを膀胱まで挿入するのですが そこにおいておくために小さい風船(バルーン)を ふくらませるんです!!

そして ホリエモンさんもおっしゃっていましたが 尿道は女性よりも男性のほうが長いので いたみがつよいのは男性です!!

男性は10から15センチ 女性は2.5から4センチです。

そこに一般的に 14FRの管を挿入します!!

フレンチというのも医療用語なので くだの直径は4.8ミリくらいです。

それを尿道から膀胱までいれていきます。

普通尿道は10ミリの直径なので 尿道の半分の大きさのくだを挿入していく!! 聞いただけいたそうですよね!!

さらに男性は前立腺がありますので 高齢で前立腺が肥大して 尿道がせまくなっているひとは さらに太いくだではないと 入らない時もあり そこをぐいぐいいれていくので、、、

いたーーーーいです

ホリエモンさんは今回 全身麻酔で手術されたので おしっこのくだの挿入時は いたみもなく挿入されたと推察されます!!

みなさんも だんだん年齢をかさねて

おしっこがでにくい、、

おしっこがちかい、、、 は

前立腺肥大があるかもしれません

最終的に おしっこがでない、、、 と病院にきて おしっこのくだいれますね、、、

となったら

特に男性は 表面に麻酔はしますが 挿入時は痛いです!!

(でもそのときはおしっこがでない苦しみが優っているので わかならないこともありますが)

それを予防するためにも おしっこのなやみがあるときは

はやめに 泌尿器科の受診を おすすめします!!

今回は ホリエモンも経験した尿カテについて 解説させていただきました

#ホリエモン#手術#尿カテ

YOUTUBE

夜6時にプレミア公開!!

ぜひお楽しみくださいね!!

 

筋トレドクターYOUTUBE はじめました!!

チャンネル登録100人超えました!!ありがとうございます!!

URLは下記↓

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg

応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝 目指せ100番 !

 にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝  1位 ありがとうございます!

 

 読者登録お待ちしています!! 160人超えました!感謝!!

読者になる