筋トレドクターくぼたの頻尿治して一生ハッピー!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

テストステロンが高いと本当に浮気しやすくなるのか?徹底検証!!エビデンスから考察!!

先日のブログのお話し

本当にテストステロンが高いと

浮気?

しやすいんでしょうか?

テストステロンはモテホルモンといわれ

異性にモテるのは事実だと思いますが

先日ご紹介したように

正直ホルモンであるわけです!!

その研究結果について説明します!!

この研究をまとめたのはドイツ・ボン大学のバーン・ウェバー博士(神経科学)のチームだ。2015年10月に米科学誌「PLOS ONE」に発表しました。

ウェバー博士らは、男性ホルモン「テストステロン」

が男性のさまざまな行動に与える影響を調べる一環として、

「誠実さ」の実験をしました。

研究チームは、健康な若い男性91人(平均年齢24歳)を2つのグループに分けました。

46人にはテストステロン50ミリグラムを皮膚に塗って吸収させ、

45人にはプラセボ(ニセ薬)を皮膚に塗りました。

被験者も、実験に立ち会う研究スタッフも、

誰がテストステロンかプラセボか分からないようにしました。

翌日、全員の体内のテストステロン濃度を測ると、

テストステロン塗布グループの濃度は明らかに高い状態でした。

   その後、全員に個室でサイコロゲームをしてもらいました。

 サイコロの出た目によって点数をつけ、その結果をパソコンに入力する。

点数が多いほど、お金をたくさんもらえます。

個室なので誰も見ていないため、いくらでもウソの入力をできます。

しかし、統計的に1~6の目が出る確率は同じだから、異常に高い点数を報告した者はウソをついていることがわかる仕組みです。

   その結果、テストステロン塗布の男性は、

プラセボの男性に比べ、平均的に点数が低く、

統計上出る目が予想される「正直な数値」に近い状態でした。

たとえ人が見ていなくても、正直に出た目を申告したのです。

   どうしてこういう結果になったのか。ウェバー博士はこう語っています。

 

「テストステロンは、英雄的な利他主義の行動を起こすモチベーションになると推測されます。常に真っ正直でありたいと、男性が自分にプライドを持ち、前向きであり続けるための手助けをするのです」

つまりリーダーシップを発揮し

前向きに正直になるホルモンが

テストステロンです。

テストステロンのフェロモンの部分を強調して

浮気しやすいなどネガティブ方向に結びつき

探偵サイトや出会い系サイトに誘導するような

サイトも見受けられます。

しかし!!

正直ホルモンテストステロン

人間には理性があります。

そのような男性はファンは増えますが

浮気はしません!!

なので浮気性の男性が

テストステロンが高いせいだ、、

これは安易すぎると

私は思います!!

なので正直ホルモンとしての

テストステロンをあげることで

高いリーダーシップをとることが大事なんです!!

みなさんぜひテストステロン上げましょう!!

 

f:id:happy-kubota:20200215061841p:plain

より正直に!!テストステロンあげるとなります!!

チャンネル登録100人超えました!!ありがとうございます!!

URLは下記↓

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg

応援していただけるかたクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝 目指せ100番 !

 にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝  1位 ありがとうございます!

 

 読者登録お待ちしています!! 160人超えました!感謝!!

読者になる

 
 
 

    

↑ クリックお願いいたします!!!

感謝!!