泌尿器科医 バナナ先生のハッピーブログ!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

【抗生剤の副作用とは?】

【抗生剤の副作用とは?】

 

膀胱炎などの

細菌感染には

抗生剤が有用ですが

抗生剤にも

副作用がある場合が

あります。

そして抗生剤は

適切に使用する必要が

あります。

それについて解説していきます

 

【抗生剤はウイルスには効果ありません】

 

抗生物質は細菌に関しては効果があります。

例えば膀胱炎などの

尿路感染症はほとんどの場合は

細菌感染ですので

抗生物質が効果がありますが

コロナも含めたウイルス性の疾患には

抗生剤は効果はありませんので

注意が必要です。

風邪症状の中でも

溶連菌やマイコプラズマなど

一部の症状には

抗生剤は効果があります。

 

【抗生剤を内服すると下痢に!】

 

抗生剤の最も大きな副作用は

下痢症状です。

なぜ下痢症状が起きてしまうのでしょうか?

抗生剤は悪い菌だけを

殺すということはできないので

腸内のいい菌も殺してしまうこともあります。

そうすると、自分の腸内環境が

変化してしまい下痢になります。

このような理由で

抗生剤は長期に使用することは

おすすめできません。

 

【他にも副作用が?】

 

抗生剤の他の副作用として

胃痛もあります。

腸だけでく

胃の症状も出ることがあります。

また女性では

抗生剤を長期に使用すると

膣の真菌症になることも多いですので

注意が必要です

 

【抗生剤は短期間で】

 

抗生剤を使用するときは

なるべく短期間で

切れ味のいいものを

使用することが

一般的です。

5-7日間までの

使用に抑えておく方が

ベターです。

改善しない場合は

培養検査などで

菌を調べて

それに合う抗生剤を

使用していきます。

ですので

一部の疾患(ニキビや慢性気管支炎)

以外は長期に抗生剤を使用することは

ありませんのご注意ください。

 

【当院でご相談を】

 

抗生剤も含めて

当院で

ご相談いただければと

思います。

オンライン診療も

できますので

ご相談いただければ

と思います。

 

 

f:id:happy-kubota:20210527064122p:plain

抗生剤は副作用に注意です

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝 目指せ100番 !

 にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝  1位 ありがとうございます!

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg?view_as=subscriber

筋トレドクターYOUTUBE

https://www.facebook.com/%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8F%E3%81%BC%E3%81%9F%E7%AA%AA%E7%94%B0%E5%BE%B9%E7%9F%A2-112252147115905/?modal=admin_todo_tour

筋トレドクターFACEBOOK

筋トレドクターチャンネル登録600人超えました!!ありがとうございます!!

URLは下記↓

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg

さらに!!

バナナ先生チャンネル登録1000人超えました!!!

下記から!!!

https://www.youtube.com/channel/UChdi54Grzyec2yksaVuAy4A?view_as=subscriber

是非チャンネル登録お願いいたします!