泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1217回【実は身体が疲れやすいのは男性更年期かも!?】

【実は身体が疲れやすいのは男性更年期かも!?】

最近なんだか疲れやすい、、、

眠れない、、、

集中力も足りないし、、

イライラする、、、

このようなお悩みに男性はいらっしゃるでしょうか?

最近ホリエモンさんのYOUTUBEでも

話題になっているテストステロン療法が注目されています。

加齢よって男性ホルモンであるテストステロンが

低下する症候群のことをLOH症候群

late onset hypogonadism)と言います。

以前は男性更年期障害と呼ばれていました。

このテストステロンが低下することで

さまざまな障害が起こることがわかってきました。

LOH症候群のリスクとは!?】

EDでお悩みの方の

テストステロンの数値を

測定してみると

とても低くなっていることがあります。

そしてそのような方に

テストステロンを補充して上げると

朝立ちが解消するなどの成果が出る方も

いらっしゃいます。

このようにLOH症候群では

EDのような性機能低下だけでなく

うつ症状や認知機能の低下

骨粗鬆症、メタボのような内臓脂肪の増加

糖尿病や心血管系のリスクも高めてしまう可能性があります

【テストステロンが低下すると、、】

このように男性ホルモンである

テストステロンが低下するだけで

元気がなくなったり

うつっぽくなったり

集中力がなくなったり

疲れやすくなったりと

さまざま症状が出てきます。

LOH症候群の診断とは!?】

では自分がLOH症候群かも

と思った方はどうすればいいでしょうか?

まずそのような疑いがある方は

泌尿器科やメンズヘルス外来を受診しましょう。

当院でももちろん治療が可能です。

その中で

簡単な質問票と採血を施行します。

質問票はAMS scoreというもので

精神、心理、身体、性機能の17項目

を点数科した症状スコアになっています。

このスコアが26点以下は正常、

27−36点は軽度

37−49点は中等度

50以上が重症となります。

ぜひみなさんもこのAMSscore

測定していただき

27点以上の場合は当院泌尿器科のご受診を

検討してください。

受診後は簡単な問診と

テストステロンの採血をします。

この中で遊離型テストステロンなどの

ホルモン値や亜鉛を測定して

低い場合は

テストステロンの補充を検討します。

基準値よりも低い場合は

保険診療での補充療法も可能になります。

f:id:happy-kubota:20211117115657p:plain

男性更年期はいつでもご相談ください

 

にほんブログ村 健康ブログへ ←クリック感謝 目指せ100番 !

 にほんブログ村 健康ブログ 長生き・長寿へ ←クリック感謝  1位 ありがとうございます!

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg?view_as=subscriber

筋トレドクターYOUTUBE

https://www.facebook.com/%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8F%E3%81%BC%E3%81%9F%E7%AA%AA%E7%94%B0%E5%BE%B9%E7%9F%A2-112252147115905/?modal=admin_todo_tour

筋トレドクターFACEBOOK

筋トレドクターチャンネル登録600人超えました!!ありがとうございます!!

URLは下記↓

https://www.youtube.com/channel/UCGqPm_Q5a5WE4AE_B3rlHRg

さらに!!

バナナ先生チャンネル登録1000人超えました!!!

下記から!!!

https://www.youtube.com/channel/UChdi54Grzyec2yksaVuAy4A?view_as=subscriber

是非チャンネル登録お願いいたします!