泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1260回【バイアグラを保険でもらうときに必ず確認すること2つとは?】

バイアグラを保険でもらうときに必ず確認すること2つとは?】

20224月から男性不妊のみで保険適応された

バイアグラではどのように保険で貰えばいいか?

ただ近くの病院に言って子作りしているから

バイアグラくださいでは保険診療でもらうことは困難です

今回は必ず確認するポイント2つをご紹介させていただきます

泌尿器科を受診する

バイアグラ保険診療は特段の理由がない限り

5年以上の経験を有する泌尿器科医であることが

明記されていますので。

泌尿器科のある医療機関でまずご相談いただければと思います。

また外来に出ている泌尿器科の先生が5年以上の経験があることも大事ですので

これは処方してもらう医療機関にぜひ連絡してご相談いただければと思います。

ここで特段の理由との明記もあり この特段の理由とは

近隣に用件を満たす医師がおらず、他の医療機関に患者を紹介できない場合と

明記がありますので、離島などの特別な理由がない限り他科の先生が処方することは

困難と思われます

②パートナーの不妊治療の状況を確認する

バイアグラの保険での処方は泌尿器科医であることだけではありません。

患者もしくはパートナーが本製剤の投与日から遡って6ヶ月以内に

一般不妊治療管理料もしくは生殖補助医療管理料の医学管理を受けていることと明記が

あります。

つまりパートナーがこの半年以内にしっかり不妊治療をしていることが前提条件となります。ですのでパートナーが通っている不妊治療の医療機関で上記の管理料を半年以内で使用しているかどうか、明細などをみればわかることがありますが、わからなければパートナーが通っている医療機関に問い合わせしてみてください。また本人もパートナーも同一の医療機関で処方してもらうときはそのようなことはカルテで把握可能なので調べなくても大丈夫だと思います。

 

このように厳しい基準があるバイアグラ保険診療まずはわからなければ

処方してもらう泌尿器科医療機関でよく相談してみましょう。

 

バイアグラ保険診療はよく医療機関に相談してみましょう

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います