泌尿器科医 バナナ先生のハッピーブログ!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1331回【男性更年期ってどうやって調べるの?】

男性更年期ってどうやって調べるの?】

今話題の男性更年期 

体がだるい 疲れや塩 イライラする 夜眠れない

うつなどと間違いやすい病気です。

男性更年期の診断は泌尿器科受診となりますが

どのようなことをするか知っていますか?

まず男性更年期が疑われる患者様はAMSスコアと呼ばれる

スコアがありますのでぜひやってみてください

これは簡単な問診なので27点以上の場合は

男性更年期を疑いますのでぜひ病院受診を検討してください。

そして血液検査です。ここで調べるのが

男性ホルモンであるテストステロン。以前は

総テストステロンを測定していましたが

現在は遊離型テストステロンという数値を測定します。

この数値は男性更年期の症状に相関することが

わかっているからです。

治療適応となるのは12,5pg/m以下の場合で

12.5-16.2pg/mlの場合は相談した上で治療するかどうかを

検討していきます。

つまり簡単な問診と採血だけ

下半身の問診など恥ずかしい診察は一切

ありませんのでいつでもご相談いただければと思います。

男性更年期はいつでもご相談いただければと思います!

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います