泌尿器科医 バナナ先生のハッピーブログ!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1335回【EDっぽいときはテストステロンを測定してみよう!】

EDっぽいときはテストステロンを測定してみよう!】

自分がEDっぽいかなと思って

病院などの医療機関バイアグラなどの

ED治療薬を処方してもらうことがあると思います。

でも本当にこれだけで根本的な解決になるでしょうか?

バイアグラなどのED治療薬を使用することで

9割くらいの方はEDが改善するといわれています。

しかしこれはお薬を飲んでいる時だけの効果であり

根本的な解決にはなっておりません。

最近ED気味そして朝立ちも無くなってきたとなれば

もしかしたら根本的に別の原因を考える必要があります。

それが男性更年期です。

大体30代後半あたりから男性もテストステロンというホルモンが

徐々に加齢と共に低下(低下については個人差があります)

することによって、性欲の低下、EDを引き起こす可能性があります。

EDは成人人口の3人に1人、50代以上は2人に1人といわれています。

EDっぽいと思ったら、まずバイアグラをもらうのではなく

男性ホルモンであるテストステロンを採血してみて

低ければ補充することで朝立ちなどが回復してくる可能性があります。

ぜひご相談いただければと思います。

EDっぽいときはぜひテストステロンの採血をしてみましょう

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います