泌尿器科医 バナナ先生のハッピーブログ!!

泌尿器科専門医による頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1343回【EDの診察ってどんなことをするの?】

【EDの診察ってどんなことをするの?】

EDで病院に行くとどんなことをするか?

不安な方も多いと思いますので解説させていただきます。

基本的にED治療ですることは

問診のみです。

つまりお話を聞くだけ 特に下半身をみせたり

痛い検査などをすることはありません。

もちろん今まで行った採血結果や飲んでいるお薬などは

薬の飲み合わせもあるのでお聞きする形になります。

病院を受診してEDを疑う方は IIEFというぼっきに対する質問に

お答えしていただきます。

もし可能なら病院に行く前にネットなどでダウンロードして

していただいてもいいかもしれません。

またEDの方は男性更年期の可能性もあるので

当院ではAMSスコアと言われる男性更年期の問診もさせていただきます。

もし問診の中で男性更年期が疑われる場合は

男性ホルモン(テストステロン)の採血などをする場合もあります。

ED専門クリニックでは男性更年期の治療を一緒にすることは

なかなか困難ですので

もしED男性更年期もご心配なら 泌尿器科やメンズヘルス科を掲げている

医療機関を受診していただくことをお勧めさせていただきます。

 

ED治療薬はいつでもご相談ください。

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います