泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1369回【いんきんたむしとは?】

いんきんたむしとは?

 

いんきんたむしとは、股間辺りの皮膚が白癬菌(はくせんきん)というカビの一種に、感染し

て皮膚に異常が起きる疾患です。

股部白癬(こぶはくせん)とも呼ばれています。

かゆみや、痛み、

実は、白癬菌が感染する部位によって、その病名が変わります。

股間やその周り、お尻、太ももなどへ感染したものを「いんきんたむし」、足へ感染した場合は

「水虫」と呼びます。

患者さんは、男女ともに20代30代の若い年代が大半を占めているともいわれています。

 

いんきんたむしの原因は?

原因となる白癬菌(はくせんきん)は、水虫の原因と同じ菌です。

なので、本人に水虫がある場合や、家族など身近な人に水虫がある場合に、そこから感染する

ことがあります。

例えば、水虫の部分を触った手で陰部に触れたり、水虫の部分をこすったタオルで体をふいた

りすることも感染の原因となります。

また、公衆トイレや銭湯、温泉など、不特定多数の人が使用する場所も感染の可能性がありま

す。

 

いんきんたむしの症状は?

いんきんたむの症状は、

円状の赤い発疹や、膿をもった水疱なができ

かゆみや、いたみを伴う症状が現れます。

いんきんたむしと似ていて違う症状は?

・湿疹

かゆみや痛みの症状が共通していますが

湿疹は、カビが原因ではありません。

汗やムレ、通気性の悪さによって衣服が擦れることで、湿疹やただれ、痒みなどの炎症が起こ

ります。

(先生のご意見を反映)デリケートゾーンを清潔に保ち、通気性のよい下着などにすることが

改善できます。

・カンジタ

カンジタもまた、真菌(カビ)の一種による性器の感染症です。

しかし、女性の場合「いんきんたむし」によって、おりものに変化が起こることは一般的には

ありません。

 

おりもののニオイがきつくなったり、カッテージチーズのように固形っぽく固まる場合は「カ

ンジタ膣炎」の可能性が高いと言えます。

女性の場合は、いんきんたむしを疑う症状の場合でも、万が一カンジタの

場合でもすぐに適切な治療が受けられるよう、産婦人科を受診するというものいいと思います

 

いんきんたむしの治し方

いんきんたむしを疑った場合にいく診療所は、泌尿器科もしくは皮膚科になります。女性の場

合は、産婦人科でも良いでしょう。

クリニックでの治療は、

検査を行い、白癬菌が原因であるかどうかを確認します。

白癬菌が原因であることがはっきりすれば、抗真菌薬(塗り薬)による治療、

重症化しているときは、抗真菌薬の内服治療を行う場合もあります。

 

自宅ケアでの改善、予防について教えてください。

とにかく皮膚を清潔に保つことが大切です。

「いんきんたむし」の原因菌(白癬菌)が付着しても、白癬菌が皮膚の表面についてもすぐに

感染が成立するわけではありません。

白癬菌に感染しても数日以内であれば、殺菌効果のあるソープで日々洗っていれば、菌が根を張

る前に殺して洗い流せるため自然治癒します。

1日1回は入浴やシャワー浴を行って、ていねいに体を洗いましょう。

 

自分や家族に水虫(足白癬や爪白癬)がある場合、そこから感染が拡大しないように、しっか

り治しましょう。

感染の拡大を避けるため、タオルなどを他者と共有するのは避けましょう。

おススメのソープは?

ソープはずばり、「ティーツリーオイル」が入った天然由来のものがいいと思います。

ティーツリーオイルは、白癬菌に非常に有効で、様々な臨床実験で白癬菌に対して強い殺菌力

が報告されています。

ですので、「ティーツリーオイル」がある程度しっかり入ったソープを使うことをお勧めします

いんきんたむしの予防にも!

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います