泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1384回【膀胱炎中に行為をするとうつるの?】

【膀胱炎中に行為をするとうつるの?】

 

膀胱炎は女性であれば

2人に1人が経験する

一般的な病気です。

日常的に膀胱炎の患者様を

たくさん診療していますが

膀胱炎の時は行為は避けた方がいいです。

その理由について解説していきます。

まず膀胱炎だからといって行為自体で

パートナーに直接菌が感染する可能性は低いです。

しかし膀胱の外の皮膚が菌がついている可能性が高く

行為をすることで、尿道に押し込んでしまうために

膀胱炎がパートナーに感染する可能性があります。

なので、膀胱炎になった時は

なるべく行為は控えたほうが無難だと思います。

一般的な単純性膀胱炎であれば

抗生剤を3日程度内服すれば改善してくるとことが

多いですので安心してください。

膀胱炎は薬局のお薬で我慢せず、痛みや頻尿があれば

早めに医療機関を受診していただくことをお勧めします。

ED治療は問診のみなので安心してください

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います