泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1408回【女性を妊娠させることができるペニスの大きさとは?】

泌尿器科でいつでもご相談くださいね



 

自分は小さくて困っている方はいらっしゃいませんか?

小さいからうまくできなくてコンプレックスになっている方も

いらっしゃるかもしれません。

テンガさんのアンケートによると

日本人の平均の勃起時のペニスのサイズは

13.5センチと言われています。

では何センチで妊娠させることができるのでしょうか?

マイクロペニスという定義があって

勃起時のペニスの大きさが7センチ以下だと

そのようにいわれています。

しかし7センチないと妊娠できないわけではなく

子供を作る行為だけであれば

女性の膣内に挿入できるペニスの長さであれば

小さくても妊娠は可能です。

つまりマイクロペニスだからと言って

妊娠させることができないというわけではないということです。

あまりにも小さくて悩んでいる方は

もしかしたら男性ホルモンが低下している

可能性もありますので

早めに泌尿器科で相談してみてくださいね。

 

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います