泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1422回【膀胱炎治療は内科で大丈夫なの?】

【膀胱炎治療は内科で大丈夫なの?】

 

排尿時の痛みや頻尿そして血尿、、

膀胱炎症状は繰り返す方が多く

特に急に症状がなるので、注意が必要です。

膀胱炎かなと思ったらかかりつけの内科でも

問題ないですか?という質問を受けますが

これは基本内科でも尿検査をして細菌の有無を

測定することが可能なので問題ないと思います。

尿混濁などの細菌性の感染があれば

その場で抗生物質が処方されます。

しかし繰り返す膀胱炎や尿道カテーテルが挿入しているケースなどの

場合はやはり専門である泌尿器科を受診していただく

ことをお勧めします。

内科との診察の違いが再発などの難治性の膀胱炎にも

泌尿器科であれば対応が可能という点や

改善しない場合は、膀胱に結石があったり

非常に稀ですが腫瘍などがある可能性もありますので

超音波検査や膀胱鏡検査などで詳しく精査することが可能です。

もちろん近くに泌尿器科があって通える状況であれば

泌尿器科を受診していただくことを

お勧めさせていただきます。

膀胱炎治療は泌尿器科でご相談くださいね

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います