泌尿器科医 Drバナナのハッピーブログ!!

泌尿器科専門医によるED、頻尿、尿失禁を改善させて一生幸せな人生を送れるようにするブログです!!

第1418回【お酒を飲むと全くダメな方へ】

お酒でダメな方 いつでもくぼたクリニックでご相談ください



 

お酒飲んで夜の生活ををすると

全くダメだった経験がある方も

いらっしゃると思います。

なぜお酒飲むとうまくいかないのでしょうか?

適度のお酒は血流を良くする効果があるので

逆に勃起に対してプラスに働くことが

多いです。しかし飲み過ぎは厳禁です!

飲みすぎることでアルコール自体が

神経の働きを抑えてしまうことで

勃起を抑えてしまう効果があるんです。

さらにお酒飲みすぎて

バイアグラなどのED治療薬を飲んでも

うまく働かない可能性があります。

行為をする前のお酒の量はほどほどにして

おくことが非常に大事です。

さらにダラダラと毎日のむ

慢性的な飲酒も

男性ホルモンを低下する可能性が

ありますので

ぜひ休肝日を作ることも大事です。

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

 

 

第1417回【ED治療クリニックの選び方】

【ED治療クリニックの選び方】

 

ED治療は現在さまざまなクリニックですることが

可能になっています。

特にED専門クリニックそして

オンラインなどは全国どこからでも

診療することができます。

ではどこのクリニックを選ぶか?

これは非常に大事な要素になってきます。

ではどこがポイントになるのでしょうか?

 

1経験が豊富か?

まずED治療に対する経験が豊富かどうか?

これが大事になってきます。

癌の治療をするとき

一番大事なのはその病院がどれくらい手術をしているか?

これが大事です。

年間500件手術をしている病院と年間5件の手術をしている病院なら

どちらで手術をした方がいいか?

これは結果を言わなくてもわかると思います。

ED治療はなかなか数がわかりにくですが

クリニックのホームページをみて

その先生がどのような先生か

経験がありそうかどうか?これはある程度

わかると思います。ぜひ参考にしてください。

 

2オンライン診療をしているか?

ED治療で一番大事なのは対面診察以外にオンライン診療を

しているか?これも大事になってくるでしょう。

現在は初診からのオンライン診療も可能になっており

地域の限定もありません。

では安ければどこでもいいのか?

ここは考えるところです。

お勧めは最初は対面診療でしっかり診断

落ち着いたらオンライン診療がお勧めです。

そして薬をもらうところは

何かあれば相談できる

通える範囲の病院で診察を受けることをお勧めします。

普段も重要な時は対面で会い普段はZOOM会議も増えてきたと

思います。

診療もいずれはそのようにシフトしていくと思われます。

 

3専門医の診察か?

ED治療は医師であれば誰でも処方は可能ですが?

お勧めは専門医であること

泌尿器科専門医もしくは性機能専門医による

診察が非常に大事になってきます。

なぜかというとEDのなかには

男性更年期などの疾患が含まれている

可能性があるからです。

ぜひこの3点を満たしている

くぼたクリニックでご相談いただければと思います。

泌尿器科専門医による診察がお勧めです

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

第1416回【最近バイアグラが効かなくなったのはなぜ?】

【最近バイアグラが効かなくなったのはなぜ?】

 

よく効かれる質問に

バイアグラなどのED治療薬は

ずっと使用していると効果は無くなってしまうんですか?

という質問を受けます。

正解はNOです。

お薬の添付文書などの記載でも

薬を継続で使用すると効果がなくなるような

薬剤耐性ができるとはバイアグラに対しての報告は

ありません。もちろんその時のご本人の体調

(ストレスや睡眠不足など)で

なかなか効果がないなどの関係が出てくる場合がありますので

そこは安心してください。

しかしそれでも継続的に使用しても効果が弱くなってきたなどの

ことが出てきたらシアリスジェネリックならタダラフィル

レビトラ(現在はジェネリックのみでバルデナフィル

など他のED治療薬に変更してもいいかと

思います。

バイアグラを使用するとうまくいくから

ついつい使用してしまうのは

薬に依存しているわけではないので安心してください。

逆にバイアグラを使用し続けて

成功体験を積み重ねることで

使用しなくても成功することも増えてくるとのお話も

良く聞きます。悩んでいないで

ぜひくぼたクリニックのオンライン診療でご相談ください。

 

バイアグラはいつでも当院でご相談くださいね。

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

第1415回【EDと男性更年期の関係は?】

【EDと男性更年期の関係は?】

 

最近トピックスになっている

男性更年期障害、実はEDと関係しているですか?

という質問をよく受けますので解説させていただきます

まず男性更年期障害の特徴として

テストステロンの低下が挙げられます。

このテストステロンが低下することで

抑うつ状態になったり

その中で性機能が低下するということがあります。

ですので全てではないですが

男性更年期障害の方はEDになる可能性が高いです。

男性更年期障害を調べる問診の中で

朝立ちがない 性欲についての質問事項も含めれています

もちろん男性更年期障害の方でEDではない方もいらっしゃいます。

またEDの方が皆さん男性更年期障害というわけではありません。

最近疲れやすい、性機能が衰え気味でさらにEDっぽいなどの症状が

ある場合はこの男性更年期とED両方が被っている

可能性がありますので、ぜひ泌尿器科を受診しましょう。

ED専門クリニックでは男性更年期についての加療が

一緒にできない場合がありますので

両方とも検査精査していきたいということであれば

泌尿器科もしくはメンズヘルスを掲げているクリニックでの

診断をお勧めさせていただきます。

男性更年期はいつでもご相談くださいね

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

第1414回【EDの効果がなかった原因とは?】

【EDの効果がなかった原因とは?】

 

まず効果がなかった場合に考えるのが

内服の時間です。

内服のタイミングは行為のある1時間前が

推奨されています。

特にバイアグラは効果の持続時間は4-6時間ですので

さらに空腹時に飲むことを考えて

飲むタイミングを

しっかり決めておくことが大事です。

他のレビトラ(バルデナフィル)や

シアリスタダラフィル)に関しても

行為のある1時間前には内服するようにしておきましょう。

ただしレビトラ(バルデナフィル)は

即効性があるので

早ければ15分くらいから効果を発揮しまうので

突然の時にも効果的かと思われます。

一番使いやすいのはシアリスタダラフィル)です。

効果の持続時間が24-36時間と非常に長いので

焦ってタイミングで内服しなくても

夕方くらいに内服しておけば

その日の夜そして次の日の夜まで長ければ

効果を発揮します。

もちろんずっと立ちっぱなしということではなく

性的興奮がある場合のみです。

ぜひED治療薬のタイミングには気をつけてくださいね。

ED治療薬はいつでもご相談ください。

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

第1413回【バイアグラの間違った飲み方とは?】

バイアグラの間違った飲み方とは?】

 

バイアグラを試してみたのに

全く効果なかったという経験ありませんか?

バイアグラやそのジェネリックである

シルデナフィルは比較的安価で手に入れることが

できる代わりに

重大な欠点があります。

それは空腹時に内服するということです。

どうしても行為の1時間前に内服となると

食事をしていて満腹のことも多いと思います。

バイアグラを使用するときはまず

完全な空腹状態でバイアグラを内服して

30分くらいししてから食事をしましょう。

30分くらい経過するとバイアグラ

しっかり腸に吸収し始めます。

可能ならさっぱりとした和食がおすすめ

和食系居酒屋などがいいでしょう。

脂っこいものはバイアグラの腸での吸収を

抑えて効果が弱くなる可能性があります。

またお酒も飲みたいと思いますが

飲みすぎると過度のアルコールは良くないので

ほどほどにすることがポイントです。

なかなかこの注意点が守るのが

困難な場合は食事の影響を受けない

シアリスシアリスジェネリック

タダラフィルがお勧めです。

わからない時はぜひ

泌尿器科で相談してくださいね。

バイアグラの飲み方はくぼたクリニックで相談を!

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います

第1412回【EDの原因4種類を知っておこう!】

【EDの原因4種類を知っておこう!】

 

EDってどんな原因でなるんですか?

よく聞かれる質問ですが

EDの原因は大きく分けて4つあります

まず一つ目は器質性のEDです。

この中に動脈硬化などが原因になる

血管性のものや

糖尿病などで神経に障害がある神経性のものが含まれます

いわゆる加齢によって動脈硬化や神経などに支障をきたす場合を

器質性のEDといい40代以降の方になりやすいです。

そして若い方に多いのが

心因性です。

これは20代でも起こり得ますが

ストレスや何かのトラウマでEDになってしまいます。

心因性はストレスなので薬などは

効果ないとか思われますが

実はバイアグラなどのED治療薬を使用することで

成功体験を積み重ねると

EDを克服してしまうケースが多く

心因性の方こそED治療薬を使用すると効果的だったりします。

さらに両方のつまり

器質性と心因性のダブルの原因があるかたは

混合性といい、両方ともの原因でなっていることも少なくありません。

またお薬の副作用などでEDになってしまうケースが

薬剤性のEDです。

もし何かのお薬を飲んでからそのようになってしまったら

薬の効果も含めて相談した方がいいかもしれません。

EDの原因をしっかり知っていくことが大事です。

お困りの場合はくぼたクリニックで

いつでもご相談いただければと思います。

 

EDについてはしっかり診療させていただきます

当院で販売している

ED治療薬を不妊治療応援として

価格改定(値下げ)させていただきました。(通常の方も値下げとなります)

皆さんによりお求めやすくなりましたのでご案内させていただきます

バイアグラジェネリックシルデナフィル50mg)1錠 1200円→950円

シアリスジェネリックタダラフィル20mg)1錠 1350円→1150円

レビトラジェネリックバルデナフィル20mg)1錠 1600円→1350円

さらに 10錠処方の方は1錠サービスさせていただきます

バイアグラの保険適応について】(男性不妊症のみ)

2022年からバイアグラ シアリスは男性不妊の方に限り保険適応となりました。

処方できる医師は 泌尿器科の経験が5年以上の医師 かつ パートナーが半年以内に不妊治療をしていることが

条件となります。

当院でもバイアグラの保険での処方も近隣の婦人科と連携しながらすすめていきます。

適応についてはご相談いただければと思います